エアロスミス ロックス ドニントン 2014 【再入荷】 日本語字幕付 日本盤限定ディスク 大人気新作 初回生産限定盤Blu-ray+2CD+1BONUS CD

エアロスミス ロックス・ドニントン 2014【初回生産限定盤Blu-ray+2CD+1BONUS CD(日本盤限定ディスク)/日本語字幕付】

DVD , ミュージック , ロック,3752円,CD(日本盤限定ディスク)/日本語字幕付】,/Acalypterae1706287.html,エアロスミス,2014【初回生産限定盤Blu-ray+2CD+1BONUS,novelgo.id,ロックス・ドニントン エアロスミス ロックス ドニントン 2014 日本語字幕付 日本盤限定ディスク 大人気新作 初回生産限定盤Blu-ray+2CD+1BONUS CD 3752円 エアロスミス ロックス・ドニントン 2014【初回生産限定盤Blu-ray+2CD+1BONUS CD(日本盤限定ディスク)/日本語字幕付】 DVD ミュージック ロック エアロスミス ロックス ドニントン 2014 日本語字幕付 日本盤限定ディスク 大人気新作 初回生産限定盤Blu-ray+2CD+1BONUS CD 3752円 エアロスミス ロックス・ドニントン 2014【初回生産限定盤Blu-ray+2CD+1BONUS CD(日本盤限定ディスク)/日本語字幕付】 DVD ミュージック ロック DVD , ミュージック , ロック,3752円,CD(日本盤限定ディスク)/日本語字幕付】,/Acalypterae1706287.html,エアロスミス,2014【初回生産限定盤Blu-ray+2CD+1BONUS,novelgo.id,ロックス・ドニントン

3752円

エアロスミス ロックス・ドニントン 2014【初回生産限定盤Blu-ray+2CD+1BONUS CD(日本盤限定ディスク)/日本語字幕付】

エアロスミス最新ライヴ作品発売決定! 2014年イギリス最大級の野外フェス“ダウンロード・フェスティバル"ヘッドライナーとしてのパフォーマンスを全20曲フル収録! 上映用巨大スクリーンを想定した空前のスケールで撮影/製作された全ロックファンに贈る本年度最高のライヴ・ドキュメント! 日本盤限定ボーナスとして同年8月US/アトランティックシティ公演からの音源を3曲収録したボーナスディスク(CDのみ)を追加収録!

・ロック史上最高峰のバンドとして君臨し続けるエアロスミス最新ライヴ作品!
・延べ24万人を動員するイギリス最大級の野外フェス“ダウンロード・フェスティバル"のヘッドライナーとして登場!
夕暮れのオープニングから夜も更けフェスのエンディングへと向かう最高の空間、ステージ、オーディンスを前に魅せる最高のパフォーマンス!
・映画上映/巨大スクリーンを想定しあらゆる角度から撮影/編集されたダイナミックな映像はライヴ作品の域を超えた究極のライヴ・ドキュメント!
・4月に行われた2週間限定の先行劇場公開後、絶賛のコメントが殺到! 追加上映のリクエストに応え現在も全国の劇場で追加上映中! (2015/7/3現在)
・日本語字幕付き/日本語解説書封入/日本先行発売!


『エアロスミス・ロックス・ドニントン2014』は、そのタイトル自体からも察することができるように、英国のドニントン・パークで収録されたエアロスミスの最新ライヴ作品である。英国最大級の規模と動員を誇る大型野外フェス、『ダウンロード・フェスティバル』の開催地として知られる同地だが、彼らは昨年6月15日、同フェスにヘッドライナーとして出演。3日間に亘って開催された同フェスの他の公演日でトリを飾っていたのは、アヴェンジド・セヴンフォールドとリンキン・パークで、他にもロブ・ゾンビやフォール・アウト・ボーイなどが出演者として名を連ねていた。

公演当日、ライヴの幕開けに据えられたのは、ヤードバーズのレパートリーとしても知られる「トレイン・ケプト・ア・ローリン」のカヴァー。インディアンの羽根飾りで勇猛かつ艶やかに武装したスティーヴン・タイラーのステージ・パフォーマンスは、その瞬間からエナジー全開だ。以降、ステージは「ドリーム・オン」や「ウォーク・ディス・ウェイ」から「ミス・ア・シング」、さらには現時点での最新オリジナル・アルバムにあたる『ミュージック・フロム・アナザー・ディメンション! 』からの「フリーダム・ファイター」(この曲ではジョー・ペリーがリード・ヴォーカルを担当)に至るまで、さまざまな時代の楽曲を網羅しながら進行。バンドは70年代の代表曲から21世紀生まれの“新しいエアロ・クラシックス"までをも盛り込みながら、大観衆を一瞬たりとも飽きさせることなく約90分を駆け抜けている。最後の最後、名曲「スウィート・エモーション」で終了したはずのアンコールの末に、「終演時刻なんて知ったことか! 」という声とともに披露されたのが1stアルバムからの「ママ・キン」だというのも、なにやら象徴的だ。そう、エアロスミスはこれほどまでにビッグになっていながら、その根幹の部分は70年代からまるで変わっていないのだ。

収録内容的には、まさに痒いところに手が届いた選曲のライヴ・ベストといえるもので、これはマニアにとって必見であるのみならず、エアロスミス入門者たちにとっても最適なアイテムと言っていいだろう。そして重要なのは、この作品が劇場での上映を想定した“映画"として制作されているという事実だ。いわゆるドキュメンタリー的な要素が盛り込まれているわけではなく、あくまでライヴ作品ではあるのだが、とにかくその生々しい臨場感と巨大フェスならではのスケール感を余すところなく伝えてくれる立体的映像は、従来のライヴ映像作品の常識を超えたクオリティといえるだろう。


【メンバー】
スティーヴン・タイラー(ヴォーカル)
ジョー・ペリー(ギター)
ブラッド・ウィットフォード(ギター)
トム・ハミルトン(ベース)
ジョーイ・クレイマー(ドラムス)

【収録曲】
-Blu-ray-
01.トレイン・ケプト・ア・ローリン
02.イート・ザ・リッチ
03.ラブ・イン・アン・エレベーター
04.クライン
05.ジェイディッド
06.リヴィン・オン・ジ・エッジ
07.ラスト・チャイルド
08.フリーダム・ファイター
09.セイム・オールド・ソング・アンド・ダンス
10.ジェイニーズ・ガット・ア・ガン
11.トイズ・イン・ジ・アティック
12.アイ・ドント・ウォント・トゥ・ミス・ア・シング
13.ノー・モア・ノー・モア
14.カム・トゥゲザー
15.デュード(ルックス・ライク・ア・レディ)
16.ウォーク・ディス・ウェイ
17.ホーム・トゥナイト
18.ドリーム・オン
19.スウィート・エモーション
20.ママ・キン

-CD-
ディスク1
01.トレイン・ケプト・ア・ローリン
02.イート・ザ・リッチ
03.ラブ・イン・アン・エレベーター
04.クライン
05.ジェイディッド
06.リヴィン・オン・ジ・エッジ
07.ラスト・チャイルド
08.フリーダム・ファイター
09.セイム・オールド・ソング・アンド・ダンス
10.ジェイニーズ・ガット・ア・ガン

ディスク2
01.トイズ・イン・ジ・アティック
02.アイ・ドント・ウォント・トゥ・ミス・ア・シング
03.ノー・モア・ノー・モア
04.カム・トゥゲザー
05.デュード(ルックス・ライク・ア・レディ)
06.ウォーク・ディス・ウェイ
07.ホーム・トゥナイト
08.ドリーム・オン
09.スウィート・エモーション
10.ママ・キン
[2014年6月15日 イギリス/ドニントン ダウンロード・フェスティバルにて収録]

ディスク3(日本盤限定ボーナスCD)
1.キングス・アンド・クイーンズ
2.ラッツ・イン・ザ・セラー
3.ストップ・メッシン・アラウンド
[2014年8月31日 アメリカ/アトランティックシティ ボードウォーク・ホールにて収録]

【Blu-ray仕様(予定)】
収録時間:ライヴ本編 約105分
画面サイズ:16:9
音声:リニアPCMステレオ / DTS-HDマスターオーディオ
日本語字幕付き

エアロスミス ロックス・ドニントン 2014【初回生産限定盤Blu-ray+2CD+1BONUS CD(日本盤限定ディスク)/日本語字幕付】

当作は2014のLIVE映像となっている。ドニントンにて撮影、録音されたものだが、今までのライブ映像と比較しても全く見劣りが無く、逆に老練の大迫力と唯一無二のエアロ魂みなぎるロックが溢れんばかりにほとばしる作品である。今なりの全力疾走の姿に目頭が熱くなる映像だ。アナザディメンション発表後、直近でのツアーがスティーブンの体調不良で中止となり、その後解散宣言も飛び出し、更に、スティーブンはカントリーに転向か?とも言うべき、ソロを発表し、ファンは、今後この伝説となりつつあるロックバンドのライブが見れないのでは無いかと、暗中を漂っているに違いないだろう。2018.09にジョーがブラッドと来日し、サプライズでジョニーデップの飛び入りが実現した。(当方は、所用で残念ながら行けず仕舞い。)個々の活動を観ることが出来る機会は今後も有ると期待しているが、5つの翼が揃ったエンターテイメントを再び体現出来ることを祈りつつ、このライブを観ながら、感極まっている!!!来年2019、ベガスでの定例コンサートは実施するとの事のようなので、是非ともアジアエリアでのコンサートも行って欲しい。単品のジャパンツアーでも構わないので、この場を借りて5人のメンバーに切にお願いする次第である。" P.P.P.- Please Come back to JAPAN! "(...Surely...)
当作は2014のLIVE映像となっている。ドニントンにて撮影、録音されたものだが、今までのライブ映像と比較しても全く見劣りが無く、逆に老練の大迫力と唯一無二のエアロ魂みなぎるロックが溢れんばかりにほとばしる作品である。今なりの全力疾走の姿に目頭が熱くなる映像だ。アナザディメンション発表後、直近でのツアーがスティーブンの体調不良で中止となり、その後解散宣言も飛び出し、更に、スティーブンはカントリーに転向か?とも言うべき、ソロを発表し、ファンは、今後この伝説となりつつあるロックバンドのライブが見れないのでは無いかと、暗中を漂っているに違いないだろう。2018.09にジョーがブラッドと来日し、サプライズでジョニーデップの飛び入りが実現した。(当方は、所用で残念ながら行けず仕舞い。)個々の活動を観ることが出来る機会は今後も有ると期待しているが、5つの翼が揃ったエンターテイメントを再び体現出来ることを祈りつつ、このライブを観ながら、感極まっている!!!来年2019、ベガスでの定例コンサートは実施するとの事のようなので、是非ともアジアエリアでのコンサートも行って欲しい。単品のジャパンツアーでも構わないので、この場を借りて5人のメンバーに切にお願いする次第である。" P.P.P.- Please Come back to JAPAN! "(...Surely...)
当作は2014のLIVE映像となっている。ドニントンにて撮影、録音されたものだが、今までのライブ映像と比較しても全く見劣りが無く、逆に老練の大迫力と唯一無二のエアロ魂みなぎるロックが溢れんばかりにほとばしる作品である。今なりの全力疾走の姿に目頭が熱くなる映像だ。アナザディメンション発表後、直近でのツアーがスティーブンの体調不良で中止となり、その後解散宣言も飛び出し、更に、スティーブンはカントリーに転向か?とも言うべき、ソロを発表し、ファンは、今後この伝説となりつつあるロックバンドのライブが見れないのでは無いかと、暗中を漂っているに違いないだろう。2018.09にジョーがブラッドと来日し、サプライズでジョニーデップの飛び入りが実現した。(当方は、所用で残念ながら行けず仕舞い。)個々の活動を観ることが出来る機会は今後も有ると期待しているが、5つの翼が揃ったエンターテイメントを再び体現出来ることを祈りつつ、このライブを観ながら、感極まっている!!!来年2019、ベガスでの定例コンサートは実施するとの事のようなので、是非ともアジアエリアでのコンサートも行って欲しい。単品のジャパンツアーでも構わないので、この場を借りて5人のメンバーに切にお願いする次第である。" P.P.P.- Please Come back to JAPAN! "(...Surely...)
当作は2014のLIVE映像となっている。ドニントンにて撮影、録音されたものだが、今までのライブ映像と比較しても全く見劣りが無く、逆に老練の大迫力と唯一無二のエアロ魂みなぎるロックが溢れんばかりにほとばしる作品である。今なりの全力疾走の姿に目頭が熱くなる映像だ。アナザディメンション発表後、直近でのツアーがスティーブンの体調不良で中止となり、その後解散宣言も飛び出し、更に、スティーブンはカントリーに転向か?とも言うべき、ソロを発表し、ファンは、今後この伝説となりつつあるロックバンドのライブが見れないのでは無いかと、暗中を漂っているに違いないだろう。2018.09にジョーがブラッドと来日し、サプライズでジョニーデップの飛び入りが実現した。(当方は、所用で残念ながら行けず仕舞い。)個々の活動を観ることが出来る機会は今後も有ると期待しているが、5つの翼が揃ったエンターテイメントを再び体現出来ることを祈りつつ、このライブを観ながら、感極まっている!!!来年2019、ベガスでの定例コンサートは実施するとの事のようなので、是非ともアジアエリアでのコンサートも行って欲しい。単品のジャパンツアーでも構わないので、この場を借りて5人のメンバーに切にお願いする次第である。" P.P.P.- Please Come back to JAPAN! "(...Surely...)
地域に根差した歯科医院を目指しています。
やさしく、痛みの少ない治療を心がけ、歯と口に関する悩みを少しでも軽減できるよう、治療内容を充実させています。
予約制を取っておりますが、急患の方にも多少待ち時間を頂くこともありますが対応しております。
診療時間/曜日
9:00~13:00
15:00~18:30

休診日 = 日曜日・祝日・木曜日
土曜日 = 午前 9:00 ~ 12:30 午後 13:30 ~ 16:30