溶けてしみこむマスクシート 【SALE/55%OFF】 ヒアルロン酸 10枚セット 新色追加

溶けてしみこむマスクシート ヒアルロン酸 10枚セット

2004円 溶けてしみこむマスクシート ヒアルロン酸 10枚セット ビューティー スキンケア・ボディケア スキンケア・基礎化粧品 フェイスパック novelgo.id,/fractiousness9285.html,2004円,溶けてしみこむマスクシート,ヒアルロン酸,10枚セット,ビューティー , スキンケア・ボディケア , スキンケア・基礎化粧品 , フェイスパック 溶けてしみこむマスクシート ヒアルロン酸 10枚セット 新色追加 2004円 溶けてしみこむマスクシート ヒアルロン酸 10枚セット ビューティー スキンケア・ボディケア スキンケア・基礎化粧品 フェイスパック 溶けてしみこむマスクシート ヒアルロン酸 10枚セット 新色追加 novelgo.id,/fractiousness9285.html,2004円,溶けてしみこむマスクシート,ヒアルロン酸,10枚セット,ビューティー , スキンケア・ボディケア , スキンケア・基礎化粧品 , フェイスパック

2004円

溶けてしみこむマスクシート ヒアルロン酸 10枚セット

カリスマメイクアップアーティストPONYも絶賛の革新的マスクシート!
これまでのフェイスパックは不織布などに化粧液を滲みこませ、顔に長時間貼るものが一般的でした。「溶けてしみ込むマスクシート」は本体のナノファイバーシートに美容液をつけるとすぐに溶けてゲル状になります。これにより有効成分が20~30分ほどで肌にすばやく浸透、顔全体のあらゆる部分に成分を吸収させる事が出来ます。

<使用方法>
※(A)不織布 (B)本体 (C)メッシュシート の3層構造シートです。
(1)袋のマスク部を切り取り、マスクを取り出してください。(マスクは顔の上下で分かれています)
(2)袋の化粧液の半分を顔に満遍なく塗ってください。
(3)マスクからオレンジ色(3角模様)の不織布を外し、白色の本体を肌側にして顔に装着してください。
(4)液の残り半分をメッシュシートの上から全体に満遍なく塗り、終わったらオレンジ色のメッシュを外してください。
(5)20~30分ほどで乾きますが、そのまましばらく置くとより効果が出ます。就寝前に行い朝に洗顔するなどの使い方が効果的です。


お肌に合わせて、3種の成分から選べる。

■コラーゲン
プロポリンスエキス、ツボクサエキス、天草エキス、クロレラエキス、ジャニアルベンスエキス、ヒジキエキス、アスコフィラム・ノドサムエキス、チア種エキス、緑茶種エキス、ハスの花エキス、グレープフルーツ種エキス、カカオ種エキス、ヒアルロン酸ナトリウム、ローズマリーエキス、ラベンダーエキス、ペパーミントエキス、カモミールエキス、デイジー花エキス

■ヒアルロン酸
ヒアルロン酸、バジル花・葉・幹エキス、緑茶エキス、米エキス、ツボクサエキス、イチジクエキス

■シカ・マデカソサイド
ツボクサ、ティーツリー葉エキス、アロエベラ葉エキス、ヤマノイモ根エキス、シロキクラゲエキス、 生姜エキス

溶けてしみこむマスクシート ヒアルロン酸 10枚セット

植物を鉢植えで育てる...

観葉植物は、文字通り観賞用なのでインテリアとして役立ちますし...

カモミールの育て方に...

カモミールはハーブの一種です。ハーブというのは、食用や薬用に...

サボテンやアロエなど...

多肉植物は、葉や茎に水分を蓄えることのできる植物です。サボテ...

ユッカという観葉植物...

リビングルームや廊下の片隅に一つ観葉植物を置いておくだけで、...

カンパニュラの育て方...

カンパニュラは、釣り鐘のような形の大ぶりの花をたくさん咲かせ...

緑のカーテンに最適な...

ここ数年毎年猛暑が続き、今や日本は熱帯よりも熱いと言われてい...

初心者でも簡単な観葉...

最近は趣味として、ガーデニングなどを楽しんでいる方がどんどん...

家庭菜園を行う場合の...

自宅で植物を栽培する場合、その育て方にはいくつかのコツがあり...

自宅で植物を育てよう

部屋に植物があると生きたインテリアにもなり、その緑や花の華や...

ミニトマトのプランタ...

ミニトマトの栽培は初心者でも簡単に育てられ庭がなくても、プラ...

タイタンビカスの育て...

タイタンビカスの特徴といえばやはり色の鮮やかさと力強さでしょ...

トリカブトの育て方

トリカブトは日本では”鳥兜”または”鳥冠”の由来名を持ってい...

オンファロデスの育て...

オンファロデスは、ムラサキ科、ルリソウ属(ヤマルリソウ属)で...

ミヤコササの育て方

ミヤコササは、イネ科でササ属の多年草です。北海道の南部から九...

シノブ、トキワシノブ...

これはシダ植物と言われる植物になります。一般的な種子植物とは...

ユリ(百合)の育て方

ユリに関しては、北半球のアジアを中心に広く分布しているとされ...

アスプレニウム(As...

アスプレニウムは5月から8月頃にかけて植え付けをします。土は...

ビート(テーブルビー...

ビートの歴史はとても古く、紀元前より利用されています。始めは...

イオノプシジウム,育...

花の分類としてはアブラナ科に属します。花については庭植えとし...

ミズナの育て方

水菜の発祥地は静岡県小山町阿多野といわれており、JR御殿場線...

真珠の木(ペルネティ...

真珠の木と呼ばれているベルネッチアは、カテゴリーとしてはツツ...

ヘスペランサの育て方

ヘスペランサは白い花を持つ美しい植物でり、日本だけに留まらず多くの愛好家がいます。花の歴史も深く、大航海時代にまで遡る事...

トロリウスの育て方

”トロリウス”とは、ヨーロッパや北アジアを原産とした宿根多年草です。キンポウゲ科、キンバイソウ属になり別名キンバイソウと...

ドイツアザミの育て方

この花はキク科アザミ属に属します。ドイツとありますが日本原産です。生息地も日本となるでしょう。多年草で、耐寒性があり耐暑...

奇想天外(ウェルウィッチア)の育て方

ウェルウィッチアは生息地をアフリカのアンゴラ及びナミビアのナミブ砂漠にしている裸子植物の一つです。日本では2つの和名があ...

ロータスの育て方

「ロータス」は、北半球の温帯、主に地中海付近の島国を原産として約100種類もの品種が存在するマメ科ミヤコグサ科の多年草で...

メカルドニアの育て方

メカルドニアはオオバコ科の植物で原産地は北アメリカや南アメリカですので、比較的暖かいところで栽培されていた植物です。だか...

マリモの育て方

また日本以外はどうかというと、球体のものは、アイスランドのミーヴァトン湖やエストニアのオイツ湖などで確認をされているとい...

ホメリアの育て方

ホメリアは庭植えの場合に関しては、数年植えっぱなしでもそのままの状態で育つことができます。毎年球根を掘り上げるよりも、花...

ヘリオフィラの育て方

ヘリオフィラはアブラナ科の植物で小さな青い花を咲かせてくれます。つぎつぎと花を楽しむことができる植物になっています。南ア...

ブルメリア・クロセア・オーレアの育て方

ユリ科という情報が多いので、ユリ科の同じような植物が近縁種ではないかということもわかります。ネギ科は、もともとユリ科だっ...

ヒマラヤユキノシタの育て方

ヒマラヤユキノシタとは原産がヒマラヤになります。おもにヒマラヤ山脈付近が生息地のため、周辺のパキスタンや中国やチベットな...

ハシカンボクの育て方

ハシカンボクは日本が原産とされる植物です。漢字で書くと波志干木となりますが、その名前の由来はわかっていません。また別名を...

スポンサーリンク

ジューンベリーの育て...

ジューンベリーの原産と生息地は北アメリカ北東部です。アメ...

二十日大根の栽培方法

二十日大根はその名の通り種まきから一月ほどで収穫できます...

ハエマンサスの育て方

ハエマンサスという植物があります。これは少し趣味性の高い...

コバンソウの育て方

コバンソウはイネ科の植物で、大振りの稲穂がしなだれている...