シマノ SHIMANO ソルトプラグ エクスセンス サイレントアサシン 99S AR-C XM-299N 99SP バーゲンで XM-099P 【SALE/76%OFF】

シマノ(SHIMANO)ソルトプラグ エクスセンス サイレントアサシン 99S/99SP AR-C XM-299N/XM-099P

シマノ SHIMANO ソルトプラグ エクスセンス サイレントアサシン 99S AR-C XM-299N 99SP バーゲンで XM-099P 811円 シマノ(SHIMANO)ソルトプラグ エクスセンス サイレントアサシン 99S/99SP AR-C XM-299N/XM-099P スポーツ&アウトドア 釣り ルアー シーバス・ヒラメルアー novelgo.id,XM-299N/XM-099P,シマノ(SHIMANO)ソルトプラグ,/haddocker1594438.html,サイレントアサシン,エクスセンス,811円,AR-C,99S/99SP,スポーツ&アウトドア , 釣り , ルアー , シーバス・ヒラメルアー novelgo.id,XM-299N/XM-099P,シマノ(SHIMANO)ソルトプラグ,/haddocker1594438.html,サイレントアサシン,エクスセンス,811円,AR-C,99S/99SP,スポーツ&アウトドア , 釣り , ルアー , シーバス・ヒラメルアー 811円 シマノ(SHIMANO)ソルトプラグ エクスセンス サイレントアサシン 99S/99SP AR-C XM-299N/XM-099P スポーツ&アウトドア 釣り ルアー シーバス・ヒラメルアー シマノ SHIMANO ソルトプラグ エクスセンス サイレントアサシン 99S AR-C XM-299N 99SP バーゲンで XM-099P

811円

シマノ(SHIMANO)ソルトプラグ エクスセンス サイレントアサシン 99S/99SP AR-C XM-299N/XM-099P


メーカーによる説明

エクスセンス サイレントアサシン エクスセンス サイレントアサシン エクスセンス サイレントアサシン エクスセンス サイレントアサシン
80S XM-280N 99F XM-199N 99S XM-299N 99SP XM-099P
サイズ(mm) 80 99 99 99
自重(g) 10 14 17 15
タイプ シンキング フローティング シンキング サスペンド

シマノ(SHIMANO)ソルトプラグ エクスセンス サイレントアサシン 99S/99SP AR-C XM-299N/XM-099P

ルアーの常識として重心移動するルアーよりも重心固定のルアーの方が釣れます。ラパラのルアーが釣れ売れ続けている理由は重心固定だから。(今現在はラパラのルアーでも重心移動ルアーも一部ありますが)なぜ重心移動するルアーは釣れない(釣れにくい・釣るのが難しい)のかというと、キャスト時に飛びやすいというメリットはありますが、着水後の立ち上がりが大変遅く泳ぎが不安定になるため釣れないのです。それは重心移動のシンカーが前後に自由に動くことが出来るから。私は重心移動するルアーは着水後の泳ぎの立ち上がりを良くするため、着水後まず小さくトゥイッチを入れて重心を前に持ってきてからリーリングを開始します。これ、皆さんもやると思いますが、このトゥイッチが強すぎて結局シンカーをルアー後方に持って行っちゃってる人を良く見かけます。本末転倒です。そうなると当然泳ぎません。泳がないからせっかく飛ばしても釣れません。重心移動で遠くまで飛ばしても、きちんと泳ぎ始めるのがかなりリーリングしてからでは飛ばした意味ないですよね。エクスセンスのAR-C(オールラウンドキャスティングの略)はバネでシンカーを半固定してあるので、キャスト時は遠心力がかかりシンカーがルアー後方に移動するので飛距離が出ます。しかし着水時にはバネの力でシンカーがルアー中心部に固定されるので無意味なシンカーの移動がないため立ち上がりが重心固定ルアーのように早いのでめちゃくちゃ釣れます。これがこのルアーの最大の特徴でもあり、世の中で爆発的に釣れ、売れている理由です。もちろん、その日の状況に応じてルアーの大きさ、フローティングなのかシンキングなのかは考えてあげてください。私のおすすめと言いますか経験からですが、運河・湾奥などでは99F XM-199Nのフローティングをただ巻き荒川などの河川などでは129S XM-229Nのシンキングをただ巻き、もしくはジャーキング河口や漁港などでは99S XM-299N、129F XM-129N、129S XM-229N、140S XM-240Nをトゥイッチングもしくはジャーキングがマストです。カラーチョイスについてですが基本はマッチザベイトです。私がメインで使用するカラーを釣果実績の多い順に列挙します。・キョウリンRH(レッドヘッド)・ナイトチャート・キョウリンSB・レンズチャートキャンディ・キョウリンカタクチレッドヘッドはどんなメーカーのどんなルアーでもこのカラーが一番です。街灯や月明かりなどが明るい場所ではナイトチャートやレンズチャートキャンディが良く釣れます。ヒラメなどではこのレンズチャートキャンディが一番良く釣れます。夕マズメ時にはキョウリンSBが威力を発揮しますね。夏の日中やマッチザベイトカラーでキョウリンカタクチも入れています。フラッシュブーストなどの製品で浸水する・結露するなど初期ロットでは確かに起っこっていましたが今現在は改善されています。【以下余談】私個人の意見ですがですが、「シマノのルアー??どーせ(釣れない)wどーせ(釣れないん)だよww」って思っていました。世の中にはそう思っていた方もいるんではないでしょうか?少なくともこのルアーが発売れる数年前までは。今ではこれ無しでシーバスを釣りに行くなんて考えられません。ただ巻きでも釣れる。早引きでもデッドスローでも釣れる。トゥイッチングでも釣れる。ジャーキングでも釣れる。基本的に釣れるルアーにこのAR-Cを搭載して探れる範囲を広めてくれているのでこれで釣れないという方は魚がいない場所をトレースしているかぐらいしか考えられません。12歳になる娘に、キャストだけ私がしてあげてあとは娘に任せてもどこの場所でもいつの時期でも釣れるんですから間違いないです。最初の頃なんか娘は「このルアー使うとでっかい魚が釣れるから怖くてヤダ」って言ってましたからwまあそれぐらい釣れちゃいます。
ルアーの常識として重心移動するルアーよりも重心固定のルアーの方が釣れます。ラパラのルアーが釣れ売れ続けている理由は重心固定だから。(今現在はラパラのルアーでも重心移動ルアーも一部ありますが)なぜ重心移動するルアーは釣れない(釣れにくい・釣るのが難しい)のかというと、キャスト時に飛びやすいというメリットはありますが、着水後の立ち上がりが大変遅く泳ぎが不安定になるため釣れないのです。それは重心移動のシンカーが前後に自由に動くことが出来るから。私は重心移動するルアーは着水後の泳ぎの立ち上がりを良くするため、着水後まず小さくトゥイッチを入れて重心を前に持ってきてからリーリングを開始します。これ、皆さんもやると思いますが、このトゥイッチが強すぎて結局シンカーをルアー後方に持って行っちゃってる人を良く見かけます。本末転倒です。そうなると当然泳ぎません。泳がないからせっかく飛ばしても釣れません。重心移動で遠くまで飛ばしても、きちんと泳ぎ始めるのがかなりリーリングしてからでは飛ばした意味ないですよね。エクスセンスのAR-C(オールラウンドキャスティングの略)はバネでシンカーを半固定してあるので、キャスト時は遠心力がかかりシンカーがルアー後方に移動するので飛距離が出ます。しかし着水時にはバネの力でシンカーがルアー中心部に固定されるので無意味なシンカーの移動がないため立ち上がりが重心固定ルアーのように早いのでめちゃくちゃ釣れます。これがこのルアーの最大の特徴でもあり、世の中で爆発的に釣れ、売れている理由です。もちろん、その日の状況に応じてルアーの大きさ、フローティングなのかシンキングなのかは考えてあげてください。私のおすすめと言いますか経験からですが、運河・湾奥などでは99F XM-199Nのフローティングをただ巻き荒川などの河川などでは129S XM-229Nのシンキングをただ巻き、もしくはジャーキング河口や漁港などでは99S XM-299N、129F XM-129N、129S XM-229N、140S XM-240Nをトゥイッチングもしくはジャーキングがマストです。カラーチョイスについてですが基本はマッチザベイトです。私がメインで使用するカラーを釣果実績の多い順に列挙します。・キョウリンRH(レッドヘッド)・ナイトチャート・キョウリンSB・レンズチャートキャンディ・キョウリンカタクチレッドヘッドはどんなメーカーのどんなルアーでもこのカラーが一番です。街灯や月明かりなどが明るい場所ではナイトチャートやレンズチャートキャンディが良く釣れます。ヒラメなどではこのレンズチャートキャンディが一番良く釣れます。夕マズメ時にはキョウリンSBが威力を発揮しますね。夏の日中やマッチザベイトカラーでキョウリンカタクチも入れています。フラッシュブーストなどの製品で浸水する・結露するなど初期ロットでは確かに起っこっていましたが今現在は改善されています。【以下余談】私個人の意見ですがですが、「シマノのルアー??どーせ(釣れない)wどーせ(釣れないん)だよww」って思っていました。世の中にはそう思っていた方もいるんではないでしょうか?少なくともこのルアーが発売れる数年前までは。今ではこれ無しでシーバスを釣りに行くなんて考えられません。ただ巻きでも釣れる。早引きでもデッドスローでも釣れる。トゥイッチングでも釣れる。ジャーキングでも釣れる。基本的に釣れるルアーにこのAR-Cを搭載して探れる範囲を広めてくれているのでこれで釣れないという方は魚がいない場所をトレースしているかぐらいしか考えられません。12歳になる娘に、キャストだけ私がしてあげてあとは娘に任せてもどこの場所でもいつの時期でも釣れるんですから間違いないです。最初の頃なんか娘は「このルアー使うとでっかい魚が釣れるから怖くてヤダ」って言ってましたからwまあそれぐらい釣れちゃいます。
ルアーの常識として重心移動するルアーよりも重心固定のルアーの方が釣れます。ラパラのルアーが釣れ売れ続けている理由は重心固定だから。(今現在はラパラのルアーでも重心移動ルアーも一部ありますが)なぜ重心移動するルアーは釣れない(釣れにくい・釣るのが難しい)のかというと、キャスト時に飛びやすいというメリットはありますが、着水後の立ち上がりが大変遅く泳ぎが不安定になるため釣れないのです。それは重心移動のシンカーが前後に自由に動くことが出来るから。私は重心移動するルアーは着水後の泳ぎの立ち上がりを良くするため、着水後まず小さくトゥイッチを入れて重心を前に持ってきてからリーリングを開始します。これ、皆さんもやると思いますが、このトゥイッチが強すぎて結局シンカーをルアー後方に持って行っちゃってる人を良く見かけます。本末転倒です。そうなると当然泳ぎません。泳がないからせっかく飛ばしても釣れません。重心移動で遠くまで飛ばしても、きちんと泳ぎ始めるのがかなりリーリングしてからでは飛ばした意味ないですよね。エクスセンスのAR-C(オールラウンドキャスティングの略)はバネでシンカーを半固定してあるので、キャスト時は遠心力がかかりシンカーがルアー後方に移動するので飛距離が出ます。しかし着水時にはバネの力でシンカーがルアー中心部に固定されるので無意味なシンカーの移動がないため立ち上がりが重心固定ルアーのように早いのでめちゃくちゃ釣れます。これがこのルアーの最大の特徴でもあり、世の中で爆発的に釣れ、売れている理由です。もちろん、その日の状況に応じてルアーの大きさ、フローティングなのかシンキングなのかは考えてあげてください。私のおすすめと言いますか経験からですが、運河・湾奥などでは99F XM-199Nのフローティングをただ巻き荒川などの河川などでは129S XM-229Nのシンキングをただ巻き、もしくはジャーキング河口や漁港などでは99S XM-299N、129F XM-129N、129S XM-229N、140S XM-240Nをトゥイッチングもしくはジャーキングがマストです。カラーチョイスについてですが基本はマッチザベイトです。私がメインで使用するカラーを釣果実績の多い順に列挙します。・キョウリンRH(レッドヘッド)・ナイトチャート・キョウリンSB・レンズチャートキャンディ・キョウリンカタクチレッドヘッドはどんなメーカーのどんなルアーでもこのカラーが一番です。街灯や月明かりなどが明るい場所ではナイトチャートやレンズチャートキャンディが良く釣れます。ヒラメなどではこのレンズチャートキャンディが一番良く釣れます。夕マズメ時にはキョウリンSBが威力を発揮しますね。夏の日中やマッチザベイトカラーでキョウリンカタクチも入れています。フラッシュブーストなどの製品で浸水する・結露するなど初期ロットでは確かに起っこっていましたが今現在は改善されています。【以下余談】私個人の意見ですがですが、「シマノのルアー??どーせ(釣れない)wどーせ(釣れないん)だよww」って思っていました。世の中にはそう思っていた方もいるんではないでしょうか?少なくともこのルアーが発売れる数年前までは。今ではこれ無しでシーバスを釣りに行くなんて考えられません。ただ巻きでも釣れる。早引きでもデッドスローでも釣れる。トゥイッチングでも釣れる。ジャーキングでも釣れる。基本的に釣れるルアーにこのAR-Cを搭載して探れる範囲を広めてくれているのでこれで釣れないという方は魚がいない場所をトレースしているかぐらいしか考えられません。12歳になる娘に、キャストだけ私がしてあげてあとは娘に任せてもどこの場所でもいつの時期でも釣れるんですから間違いないです。最初の頃なんか娘は「このルアー使うとでっかい魚が釣れるから怖くてヤダ」って言ってましたからwまあそれぐらい釣れちゃいます。
ルアーの常識として重心移動するルアーよりも重心固定のルアーの方が釣れます。ラパラのルアーが釣れ売れ続けている理由は重心固定だから。(今現在はラパラのルアーでも重心移動ルアーも一部ありますが)なぜ重心移動するルアーは釣れない(釣れにくい・釣るのが難しい)のかというと、キャスト時に飛びやすいというメリットはありますが、着水後の立ち上がりが大変遅く泳ぎが不安定になるため釣れないのです。それは重心移動のシンカーが前後に自由に動くことが出来るから。私は重心移動するルアーは着水後の泳ぎの立ち上がりを良くするため、着水後まず小さくトゥイッチを入れて重心を前に持ってきてからリーリングを開始します。これ、皆さんもやると思いますが、このトゥイッチが強すぎて結局シンカーをルアー後方に持って行っちゃってる人を良く見かけます。本末転倒です。そうなると当然泳ぎません。泳がないからせっかく飛ばしても釣れません。重心移動で遠くまで飛ばしても、きちんと泳ぎ始めるのがかなりリーリングしてからでは飛ばした意味ないですよね。エクスセンスのAR-C(オールラウンドキャスティングの略)はバネでシンカーを半固定してあるので、キャスト時は遠心力がかかりシンカーがルアー後方に移動するので飛距離が出ます。しかし着水時にはバネの力でシンカーがルアー中心部に固定されるので無意味なシンカーの移動がないため立ち上がりが重心固定ルアーのように早いのでめちゃくちゃ釣れます。これがこのルアーの最大の特徴でもあり、世の中で爆発的に釣れ、売れている理由です。もちろん、その日の状況に応じてルアーの大きさ、フローティングなのかシンキングなのかは考えてあげてください。私のおすすめと言いますか経験からですが、運河・湾奥などでは99F XM-199Nのフローティングをただ巻き荒川などの河川などでは129S XM-229Nのシンキングをただ巻き、もしくはジャーキング河口や漁港などでは99S XM-299N、129F XM-129N、129S XM-229N、140S XM-240Nをトゥイッチングもしくはジャーキングがマストです。カラーチョイスについてですが基本はマッチザベイトです。私がメインで使用するカラーを釣果実績の多い順に列挙します。・キョウリンRH(レッドヘッド)・ナイトチャート・キョウリンSB・レンズチャートキャンディ・キョウリンカタクチレッドヘッドはどんなメーカーのどんなルアーでもこのカラーが一番です。街灯や月明かりなどが明るい場所ではナイトチャートやレンズチャートキャンディが良く釣れます。ヒラメなどではこのレンズチャートキャンディが一番良く釣れます。夕マズメ時にはキョウリンSBが威力を発揮しますね。夏の日中やマッチザベイトカラーでキョウリンカタクチも入れています。フラッシュブーストなどの製品で浸水する・結露するなど初期ロットでは確かに起っこっていましたが今現在は改善されています。【以下余談】私個人の意見ですがですが、「シマノのルアー??どーせ(釣れない)wどーせ(釣れないん)だよww」って思っていました。世の中にはそう思っていた方もいるんではないでしょうか?少なくともこのルアーが発売れる数年前までは。今ではこれ無しでシーバスを釣りに行くなんて考えられません。ただ巻きでも釣れる。早引きでもデッドスローでも釣れる。トゥイッチングでも釣れる。ジャーキングでも釣れる。基本的に釣れるルアーにこのAR-Cを搭載して探れる範囲を広めてくれているのでこれで釣れないという方は魚がいない場所をトレースしているかぐらいしか考えられません。12歳になる娘に、キャストだけ私がしてあげてあとは娘に任せてもどこの場所でもいつの時期でも釣れるんですから間違いないです。最初の頃なんか娘は「このルアー使うとでっかい魚が釣れるから怖くてヤダ」って言ってましたからwまあそれぐらい釣れちゃいます。

カートの中身空

閲覧履歴

最近閲覧した商品

表示情報はありません

最近閲覧した記事

法律書籍で、
法治国家形成の一翼を担う

Take part in the legislative process
with legal books.

記事

おすすめ記事

新商品(興味のあるカテゴリ)

おすすめ商品(興味のあるカテゴリ)

人気商品